未分類

ろう者・難聴者・聴者でルームシェアがしたい

投稿日:2019-04-07 更新日:

言語を習得するうえで、文化を学ぶことはとても重要で不可欠だと思っています。私は、第二言語として手話を学んでいますが、手話の学習方法はほかの言語に比べて少なく、「留学」や「ホームステイ」など文化を体験から学べるような機会がありません。

耳が聞こえず手話を第一言語として生活している人をろう者といい(所説あります)、その人たちの習慣や生活様式のことを「ろう文化」といいます。

例えば、人を呼ぶ時、後ろから声をかけるだけではろう者は気づかないので、肩をたたいたり、視界に入るところに行って手を振ったりして、目が合ってから話し始めます。ほかに、テーブルを叩いたり、地面を鳴らすという方法もあります。

私はこのろう文化を体験したい!学びたい!と強く思っています。

私にはろうの友達が2人いて、ろうの男性とお付き合いをしたこともあります。毎週交流会を企画してろう者接する機会を増やしていますが、正直物足りません。ていうか、全 っ 然 物 足 り な い !!

いっそのことろう者と暮らしたい!ろう文化に浸りたい。聞こえないってどういうこと?をもっと知りたい。
ろう者と難聴者と聴者が一緒に暮らしたらどうなるの?という実験です。それを、身をもってやりたい!

(絶対に)やりたいこと

ルームシェアが実現したらやりたいことがたくさんあります。そのなかでも、絶対にやりたいこと。

YouTubeチャンネルをつくる

これはつくられた何かじゃなくありのままをお届けしたい。「in living.」の動画が好きなので、in living.のようなゆんわりした雰囲気にしたいです。

リビングの様子をライブ配信(毎日)

リビングに定点カメラを置いて、基本的には流しっぱなし。
朝食、夕食、夕食後のまったりタイム、休日の様子などなどとりとめのない様子をそのまま配信。面白いやり取りがあれば、その部分を切り抜いてして編集して動画をアップ。イメージは「TERRACE HOUSE」です。(あ、台本やドロドロの恋愛関係はないです笑)

なんでも動画ネタに

「暮らし」がテーマなので、日々の買い物、ちょっとしたお出かけ、外食、遊び―なんでも動画ネタになる。「暮らし」をテーマにしてるYouTubeチャンネルはほかにもありますが、”ろう者・難聴者・聴者が一緒に暮らしている”という付加価値で、ほかとはちがうエンタメをお届けできるんじゃないかな~と楽しみにしています!大変なこと、楽しいこと、わかったことをどんどん発信していきたいです。

定期的にホームパーティーを開く

定期的に住人の友人や知り合いを招いて、ホームパーティーを開きたいです!季節のイベントをする時はオープンにして、輪も広げたい!ろう者・難聴者・聴者の交流の場、もっといえば”溜まり場”に近いような場をつくりたいという夢がずっとあって、それをシェアハウスで実現したいです。

1部屋を民泊にしてろう・難聴・聴旅行者と交流

うち1部屋を民泊にして、遠方のろう・難聴・聴旅行者とも交流したいです。これは私が旅行する時に、地元のろう者と会ってみたいなー話してみたいなーと思っていたのがきっかけです。

(できたら)やりたいこと

絶対にではないけど、できたらやりたいこと。

料理・DIY・など

住人の得意なこと、好きなことも発信したい。

質問コーナー

SNSに質問箱を設置して、月イチで答える。

クラウドファンディング

賃貸の初期費用、家具、電化製品など入居初期に必要な資金は、クラウドファンディングで支援していただこうと考えています。
リターンには、ホームパティ―に無料で参加できるチケットや無料宿泊チケット、オリジナルグッズなどを出そうと考えています。

今考えているリターン

  • 引っ越しパーティー参加チケット※人数制限有
  • ホームパーティー無料参加チケット(1回)
  • ホームパーティー無料参加チケット(3回)
  • ホームパーティー無料参加チケット(無制限)
  • 無料宿泊チケット(1泊)
  • 無料宿泊チケット(3泊)
  • 無料宿泊チケット(7泊)
  • ロゴ入りマグカップ
  • ロゴ入りコースター など

どこに住む?

場所は、東京都を考えています。理由は、聴覚障害・手話通訳への理解が進んでいることと、2025年のデフリンピック日本招致の流れがあるから、などです。住む人の職場はバラバラだろうから、主要な街へのアクセスが良い場所がいいな。
(理由については、別の記事に書きたいと思います。)

誰と住む?

これが一番大事で、悩んでいる部分です。人数は?募集方法は?応募者が多かった場合は?男女どちらも?女性限定?最低条件は、私の「(絶対に)やりたいこと」に基本賛成の方(最終的には、住人さんと相談して決めます!)。

遊びから教室へ

私の手話学習歴は、ずいぶん遡って小学4年生から始まります。その後しばらく空いて大学の手話サークル、手話の会、ろう劇団で、ろう者と関わったり関わらなかったりしながら手話を学んできました。2018年度の手話奉仕員養成講座を修了して、来月から手話通訳者養成講座に通う予定です。

きちんと手話を学んだのは手話奉仕員養成講座が初めてで、文法やろう者の歴史やボランティアについて学びました。同じころTwitteを再開して情報も集めはじめて、知識は増えたけど、なんかちがうなーという言葉にできない小さな違和感がチクリチクリと、私の心や頭を内側から刺激し続けていました。

知識から体験へ

そして出した(というか、出た)結論が、「”リアルな関係”の中で手話やろう文化を学びたい!」ということでした。
振り返っても、一番楽しくて一番手話が身についたのが、ろう劇団でろう者に混ざって活動していた時でした。目の前のろう者とただ向き合うだけで、難しいことは考えていませんでした。

私に合っている勉強の方法は、ノートを広げデータを読む座学や研究ではなく、リアルな関係の中で生まれる共感や衝突から学ぶことだと気づきました。ほかの言語のように文化を体験から学ぶ機会のない「手話」なので、自分でその環境をつくることが、今の私の答えです。

がんばります。では、またあした!

-未分類

執筆者:

関連記事

no image

ミスタードーナツのお気に入り

予定を変更して、ミスタードーナツのお気に入りを紹介したいと思います!   お気に入りの8 フレンチクルーラー ミスドに行くと、かならずと言っていいほど食べます!ふにゃふにゃの生地と、口に入れたら溶ける …

no image

manu coffeeのお気に入りメニュー

前回は、「REC COFFEEのお気に入りメニュー」を紹介しました。REC COFFEEにはブラックを飲みたい時に行くと紹介しましたが、ラテを飲みたい時はmanu coffeeに行きます。今回は、ma …

no image

『YOUは何しに日本へ?』の密着ロケに遭遇した話

4月15日(月)放送の『YOUは何しに日本へ?』でハロヲタYOUが密着されてましたね。実は、わたし、そのロケ現場に遭遇していたんです!!今日の放送を心待ちにしてました!   目次1 Juice=Jui …

no image

好きを仕事にする会オフ会#1

『好きを仕事にする会』のオフ会に参加してきました! 初対面のメンバーにも会えて、うれしくて楽しくて遅くまで話が尽きなかったです。 目次1 好きを仕事にする会2 オフ会2.1 急遽、花見2.2 手巻き寿 …

no image

マサヤコンサル

友達と久しぶりにお茶してきました。 目次1 マサヤくん2 アドバイス2.1 実績をつくる2.2 ブログで発信する2.3 YouTubeで発信する2.4 手話通訳ガイドを個人でやっちゃう3 好きを仕事に …